マヌカハニーの使い方

実は美容と健康に、もっともっと活用できます。
まだまだ知られていないマヌカハニーの活用方法をご紹介します。

ヘルシー編

ピロリ菌などの胃腸疾患の改善

毎食30分前、そして就寝30分前に、ティースプーン1杯召し上がると効果的と言われています。
 

のど、咳の痛みを抑える

のどが痛い、咳が出るといった症状のケアにはティースプーン1杯のマヌカハニーを。
のどの痛い部分に、マヌカハニーが届くように意識しながらゆっくり飲み込んでください。

鼻の粘膜のケアに

乾燥による粘膜の荒れには綿棒や指に巻いたガーゼ、または指で直接患部に塗布します。保水作用で乾燥を防ぎ、荒れた粘膜の回復を助けます。
 

熱が出てしまったら

水分補給にもすぐにエネルギー源になるマヌカハニーとの併用がおすすめ。マヌカハニー大さじ2 と水500ml、塩、小さじ1/4、ビタミンC(レモン果汁など)をお好みでよく混ぜ合わせて。胃腸にもやさしいドリンクです。

風邪予防に

水にマヌカハニーをたらしてよくかき混ぜたものでうがいをすると、マヌカハニーの抗菌作用で風邪の予防に。のどに潤いをあたえ、咳が出るときや口臭予防にも。

ビューティー編

マヌカハニー リップクリーム

最近の研究ではマヌカハニーが、傷口の回復を促す作用があることが明らかになってきています。
そのまま唇に塗るだけで、ガサガサ唇をケア。夜寝る前にたっぷりと塗ってお休みください。
 

お風呂でボディケア

マヌカハニー大さじ2~3と好みのエッセンシャルオイル4~5滴をよく混ぜ合わせてから浴槽に溶かして入浴します。
お風呂上りは全身保湿効果でしっとりすべすべ。エッセンシャルオイルでリラックス効果も。

マヌカハニーで歯磨き

マヌカハニーの抗菌作用によって、歯周病や歯石の付着を防ぐ効果が期待できます。
マヌカハニーを直接歯ブラシにとりブラッシング。お好みでシナモンパウダーを加えて口臭予防に。スッキリしたいときにはハッカ油を加えても。
 
 
 

フェイシャルパック

マヌカハニーの保水作用で肌のキメを整えます。
マヌカハニー小さじ1と、オリーブオイルなどの植物オイル5滴をよく手のひらに混ぜ合わせ、洗顔後の肌全体に塗る。
1~2分程置いたらぬるま湯でやさしく洗い流してください。お風呂でパックするのもおすすめです。流す時には体に伸ばしてから流すと体全体にも潤いが行き渡ります。

ページトップへ